感激あれ若人よ、感激無き人生は空虚なり 老後もかくありたいものです

1945年8月15日正午、NHKのラジオでは天皇の肉声により日本国民に向けて日本が戦争に負けたという事実を知らせました。これがかの有名な玉音放送(ぎょくいんほうそう)です。
それを聴きながら、皇居前の広場で自決した人たちが数多くいたそうです。
「忍び難きを忍び、耐え難きを耐え」という天皇陛下の悲しげなお声は録音で何度も耳にいたしました。

先の大戦(太平洋戦争)で私の父は中国の青島(チンタオ)というところで終戦を向かえたそうです。任期は4年以上に渡るので、それで軍人恩給を貰っていました。
あのとき父が中国で殺されていれば、私はこの世に存在しなかったということになります。
中国から帰還船に乗って日本に帰国するときに、父はどんなに苦しい思いをしたのでしょうか。
父は兵隊検査の折、体格が劣り乙種合格だったそうですが、そのためでしょうか、衛生兵として働き前戦には出ることがなかったということです。それで命が助かったのでしょう。

敗戦という衝撃を背負いながらも、なんとか帰還できた兵士たちは、その後、日本で結婚し、日本にたくさんの子供たちが出来ました。
1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)生まれの子供たちを団塊の世代と称していますが、私は1949年(昭和24年)にこの世に生を受けました。

私が大学一年生のときに父は北九州市八幡区で住宅供給公社の募集する団地に当選して、そこに一戸建て新築住宅を購入いたしました。当時から核家族の兆候が顕著で、子供たちはどんどん独立して他の土地に移り住んでいきました。それで、老人たちはその地域に孤立してしまったのですが、それを新聞用語で独居高齢者と称しています。

独居高齢者の生活にはある共通点がございます。
それは朝までテレビをつけっぱなしにするという習慣なのです。
テレビを消してしまうと、一人暮らしの老人は、淋しくて耐えられないのでしょうね。

北急市内の別の団地では6年前、孤独死事案があったそうです。
4カ月だれも気付かなかったらしいですね。
死亡した男性は、皮と骨だけになっていたそうです。
そういう現場を目の当たりにすれば、自分だっていつそうなるか分からないと、恐ろしい気持ちになるのは当然でしょう。

幸いにして、団塊の世代以下の世代はパソコンやワープロはお手の物です。
ここはテレビをつけっぱなしにする生活から脱却すべきですね。
テレビも良いですが、それよりネットで繋がっているってのはどうでしょうか。
同世代が癒し、癒され、助け合って生きて行くのです。

私の母校の初代学長のお言葉も参考になります。
「感激あれ若人よ、感激無き人生は空虚なり」

年を重ねても、漫然として、ただ死を迎えるだけの生活はご免被りたい。
老後も、若人のように、いつも感激を追い求めながら、笑って旅立ちたいものです。

それを可能にしてくれるサイトをご紹介いたします。(私のはかない夢です^^)

ジャックポットで世界一周旅行に

recent affiliate postings (最近の記事):

http://d.hatena.ne.jp/srachai/20121021/1350775668
https://srachai.wordpress.com/2012/10/16/1%e6%97%a55000%e5%86%86%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95/
http://srachai.blog.so-net.ne.jp/2012-09-26-1
http://ameblo.jp/srachai/entry-11360406919.html
http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/292748081.html
http://sky.ap.teacup.com/srachai/753.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120905/1346803060
http://srachai.blog.shinobi.jp/Entry/1453/
http://srachai.blog.so-net.ne.jp/2012-08-22-1
http://ameblo.jp/srachai/entry-11330707513.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyoshimat2000/37387671.html
http://kiyoshimatforseesaa.seesaa.net/article/286265343.html
http://sky.ap.teacup.com/srachai/715.html
http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120810/1344574852
http://plaza.rakuten.co.jp/srachai/diary/201207020001/

srachai について

early retired civil engineer migrated from Tokyo to Thailand
カテゴリー: affiliate パーマリンク

感激あれ若人よ、感激無き人生は空虚なり 老後もかくありたいものです への2件のフィードバック

  1. ごんたぱぱ より:

    大変良くできた内容です!
    益々上達するアフリ・・・・思わず覗いてみたくなります。

  2. srachai より:

    いわおさん、ありがとうございます。
    文章は心に浮かんだものを一気に書き記します。
    ですが、校正は3回以上行います。
    それでも誤字脱字や文脈の乱れなど発見して赤くなることが多いですね。
    物書きの仕事とは、これの繰り返しにすぎません。
    世の中、楽な仕事なんてものは存在しませんね^^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください