ネット選挙 早期解禁へ弊害抑止の議論を

The Yomiuri Shimbun (Feb. 7, 2013)
Damage from use of Internet in campaigns must be prevented
ネット選挙 早期解禁へ弊害抑止の議論を(2月6日付・読売社説)

While the convenience of the Internet can be useful in election campaigns, its potentially harmful effects must be minimized. It is essential to carefully create a mechanism to ensure fairness in elections.
 選挙にインターネットの利便性を生かす一方、弊害は最小限にとどめなければならない。選挙の公正さが損なわれないように、周到な仕組みづくりが欠かせない。

The Liberal Democratic Party has compiled a bill to revise the Public Offices Election Law, with the aim of lifting a ban on the use of the Internet in campaigns for this summer’s House of Councillors election.
 自民党が、夏の参院選でのネットによる選挙運動解禁を目指し、公職選挙法改正案をまとめた。

Passage of the LDP’s bill will enable political parties and candidates to update their websites and send out e-mails. The use of blogs, microblogs such as Twitter and social networking services such as Facebook will also be liberalized.
 政党や候補者のホームページの更新に限らず、電子メールの送信を可能とする。ブログや簡易投稿サイト「ツイッター」、会員制交流サイト「フェイスブック」も利用できるようになる。

As the Democratic Party of Japan, Nippon Ishin no Kai (Japan Restoration Party) and Your Party also support removing the ban in the near future, the ruling and opposition parties will soon begin discussions on the matter. The current times require a review of the outdated law, which was not designed with the use of the Internet for election campaigns in mind.
 民主党、日本維新の会、みんなの党なども、早期のネット解禁に前向きで、近く与野党協議を開始する。選挙でのネット利用を想定していない公選法の旧態依然とした規定を見直すことは、時代の要請と言えよう。

===

Increased voter participation

By using the Internet, political parties and candidates will be able to easily distribute information on their policies to a wide range of voters. The Internet can also serve as a means for candidates’ swift rebuttal when negative information is circulated about them.
 政党や候補者は、ネットを活用して、幅広い有権者層に手軽に政策を伝えることが可能となる。候補者が自分に不利な情報を流された場合、速やかに反論する手段にもなりうる。

Since low voter turnout among people in their 20s has become a concern, the use of the Internet in election campaigns will help galvanize young people’s interest in politics. Additionally, voters living overseas will probably feel closer to politics at home.
 20代の低い投票率が問題になる中、ネットの利用は政治に対する若者の関心を高める一助となる。海外の日本人有権者にも日本の政治がより身近になるだろう。

The LDP plan proposes a system in which e-mail messages are allowed to be sent only to people who agree to receive them, instead of to many unspecified recipients.
 自民党案は、不特定多数ではなく、受信を了承した人にだけメールを送る仕組みにしている。

A legal penalty is also included to counter spoofing, in which people falsely assume candidates’ names. Furthermore, websites and e-mails must provide e-mail addresses to identify the people in charge of websites and senders of political e-mails.
 候補者の名を騙(かた)る「なりすまし」対策として、罰則を設けた。ホームページやメールには、発信者を明らかにするためメールアドレスの記載を義務付けている。

===

Effective measures imperative

We applaud the LDP plan for restraining the use of the Internet to some extent rather than allowing unregulated use, to prevent potentially damaging repercussions.
 野放図なネット利用を認めるのではなく、弊害防止へ一定の制約を課したことは評価したい。

Nevertheless, are these measures sufficient to root out the possibility of malicious obstruction of political parties’ and candidates’ campaigns? It is important to prepare effective measures by studying relevant cases in countries where Internet usage is prevalent as a reference.
 しかし、これだけで政党や候補者への悪意ある妨害を排除できるだろうか。ネット先進国の事例も参考に効果的な対策を取れるようにしておくことが大切だ。

The LDP plan also allows not only political parties and candidates but also general voters to engage in election campaigns via the Internet. For example, anyone will be able to send an e-mail calling for support for a certain candidate.
 自民党案は、政党や候補者のみならず、一般の有権者にもネット利用の選挙運動を認めている。誰でも特定の候補者への支持を呼びかけるメールを送ることなどができるようになる。

However, this could lead to rampant negative campaigns in which voters slander candidates they oppose. We are concerned that Internet campaigns waged to cause a candidate to lose, which have spread in the past in South Korea, may also become widespread in Japan.
 とは言え、これでは当選させたくない候補への中傷によるネガティブ・キャンペーンが横行しかねない。かつて韓国で広がったネットでの「落選運動」が盛んになることが懸念される。

Each political party needs to thoroughly discuss measures to prevent the Internet from distorting elections and having an adverse impact on their outcome. If effective countermeasures are not implemented, the ban on the use of the Internet in election campaigns should only be partially lifted.
 選挙が歪(ゆが)められ、その結果に悪影響を及ぼさないようにする方策について、各党は、しっかり話し合う必要がある。実効性ある措置が取れない場合には、ネットの部分的な解禁にとどめるべきだ。

(From The Yomiuri Shimbun, Feb. 6, 2013)
(2013年2月6日00時55分 読売新聞)

広告

srachai について

early retired civil engineer migrated from Tokyo to Thailand
カテゴリー: 英字新聞 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中