香山リカのココロの万華鏡:使用一瞬、依存一生 /東京

July 06, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Addiction recovery can take a lifetime
香山リカのココロの万華鏡:使用一瞬、依存一生 /東京

A man recently drove his SUV onto a sidewalk in Tokyo’s Ikebukuro area, leaving a woman dead and seven others injured. The man has admitted to purchasing and smoking a so-called “legal loophole herb,” and it is believed that he was under its influence when he caused the crash. What he did is unforgivable.
 東京・池袋で車が暴走し、8人が死傷する事件が起きた。運転していた男性は「脱法ハーブ」を購入して使用していたことを認めており、暴走はその影響と考えられている。許されない話だ。

Although the substance is called an herb, it is no simple plant concoction. These drugs, which are not technically illegal, are made of leaves processed with chemicals, resulting in a product with effects similar to those of stimulants and marijuana. Most of these chemicals were first developed for medical uses including as pain killers for people with cancer or other diseases.
 「ハーブ」という名前はついているが決して植物性のものではなく、覚醒剤や大麻と似た作用のある化学物質を植物のかけらにまぶしたりした加工製品である。それら化学物質の多くはがんの鎮痛など当初は医療用に開発されたものが不法な経路で流出し、加工されて売られているのだ。

Some people try them out thinking they are made of natural ingredients and that they are simply relaxing, but the chemicals with which these leaves are laced are strong. Examples of these drugs’ symptoms include hyperactivity, hallucinations, tremors, nausea and disorientation. Repeated use may cause chronic psychological illnesses, and those who become addicted to the substances oftentimes end up destroying their lives. The strength of these loophole drugs and the horror they can cause are incompatible with the deceptively innocuous term “herb.”
 あたかもリラックス効果のある安心な天然素材というイメージで手を出す人もいるようだが、含まれる成分は非常に強力だ。摂取してすぐの急性症状としては興奮、幻覚、けいれんや嘔吐(おうと)、意識障害などが起き、頻回の使用で慢性の精神病状態に陥ったり、心身の依存が形成されて手を切れなくなったりして人生が崩壊してしまうケースも少なくない。その強烈さと恐ろしさは一般の「ハーブ」のイメージとはほど遠い。

The Ministry of Health, Labor and Welfare has designated over 1,300 chemicals as harmful drugs and bans the use and possession of such substances like marijuana and stimulants. However, the ministry is having a hard time keeping up with new chemicals that evade existing regulations and controlling the circulation of new substances.
 厚生労働省はこれまで1300種以上の化学物質を有害な「指定薬物」として覚醒剤や大麻と同様に所持や使用を禁止しているが、それをすり抜けるかのように新しい化学物質が出回り、取り締まりが困難となっている。

There used to be a road safety ad that went, “It only takes a moment to pay attention, but it takes a whole lifetime to recover from a car accident.” When I see patients suffering from the aftereffects of addiction to these “herbs,” I’m reminded of that ad and always think, “It only takes a moment to take a drug, but it takes whole lifetime to recover from addiction.”
 かつて交通事故撲滅を呼びかけるコピーで「注意一瞬、事故一生」というのがあった。脱法ハーブの後遺症で苦しむ人を見ると、私はいつも「使用一瞬、依存一生」だと思う。

They might have used the hallucinatory herb for only a short time in their lives, but addiction patients must use a lot of energy trying to beat their dependence on the drug. They must pay the price for abusing these loophole drugs, including but not limited to quitting their job due to the substance’s aftereffects. In other words, by the time a user regrets taking the drug, it’s already too late.
使ったのは人生の中のほんの一時期であったとしても、その人はその後、薬をやめるために多大なエネルギーを使ったり、ぶり返す精神病のような後遺症で仕事もできなくなったり、あまりにも大きな“ツケ”を払わなければならなくなる。「あのとき、誘いに応じて気軽に手を出したばっかりに」と悔やんでもどうにもならない。

You may come across pills and drinks that are labeled as “herbs,” “aromatherapy goods” or “supplements.” Some people take these substances without thinking very much about it, especially when they come from friends or significant others, possibly worrying that to refuse would endanger these relationships.
 「ハーブ」「アロマ」「サプリ」といった名で「飲んでみない?」と差し出される錠剤や液体。とくに相手が恋人や友人の場合、断ったら人間関係にヒビが入るのでは、と「一度だけなら」と義理で応じてしまう人もいる。

That one sip or one pill may be the beginning of the end of the person’s life. I want readers to refuse to take these substances. Make excuses if you have to. Say you have an allergy. If the person offering the pill takes offense, that person does not care about you in the first place. We have to do whatever it takes to prevent “loophole” drugs from spreading throughout our society.
しかし、その最初の一錠が不幸の扉を開けるかもしれないのだ。よくわからないものは「私、アレルギーがあるから」とでも言ってとにかく口に入れないでほしい。それで「なんだ、もう友だちじゃないよ」などと言う相手は、はじめからあなたのことなど大切にしていないのだ。脱法ハーブのまん延は何としても防がなければならない。

(精神科医)
(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年07月01日 地方版

広告

srachai について

early retired civil engineer migrated from Tokyo to Thailand
カテゴリー: 英字新聞 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中