香山リカのココロの万華鏡:介護マーク、本気で考えて /東京

July 19, 2015 (Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Giving priority treatment to caregivers
香山リカのココロの万華鏡:介護マーク、本気で考えて /東京

These days, certain considerate gestures have become fairly commonplace: things like giving up a “priority seat” to a pregnant woman or to a cane-wielding elderly person, or pushing the button to keep an elevator door open for someone in a wheelchair who is trying to get off.
バスや電車で「おなかに赤ちゃんがいます」というマタニティーマークを身につけた女性やつえをついた高齢者が前に立ったら席をゆずる。エレベーターで車いす使用者と乗り合わせたら、降りるときに「開」ボタンを押すなどしてサポートする。こんな助け合いの行動が、完璧とは言えないまでもかなり世の中に浸透してきた。

But a woman who came to my consultation room said that, “people don’t understand the stress of caregivers and won’t give you their seat on a train.”
「でもね」とあるとき、診察室で女性が話してくれた。「介護疲れはまわりの人になかなかわかってもらえないし、電車で席をゆずってもらったりもできないですよね」

This woman is a single person in her 50s. She has a job and lives with her elderly parents, who both need care. During the day she uses the services of home helpers and care facilities, but at night she cares for them herself. While she believes in supporting her parents, she can feel the toll of the stress on her body and mind. When she sought medical help to reduce her stress, she was recommended counseling and came to see me. After talking with her for a while, I saw that she was close to suffering from “caregiver depression.”
彼女は独身の50代。高齢の両親と同居しながら働いている。ふたりとも「要介護」で、日中はヘルパーやデイサービスを活用しているが、夜は彼女がひとりで世話をする。「親なので当然」とは思っているが、心身ともにくたくたになっているのを感じている。「なんとか疲れを取る方法はないか」と内科を受診したらカウンセリングを勧められ、私の診察室にやって来たのだ。話をしてみると、いわゆる「介護うつ」に近い状態であった。

The woman said that on the train to go home after finishing her day’s work, she thinks about what she will need to do when she gets home, and that alone brings a wave of exhaustion upon her. If she could only sit, she could rest before arriving home, but usually it is crowded and she has to stand. She can’t very well say to someone, “I’m going to be doing care work, so can you give me your seat?”
彼女は仕事が終わって帰りの電車に乗った瞬間、「うちに着いたらあれしてこれして」とその夜にやることを考えるという。それだけでどっと疲労感が押し寄せる。そのときに座っていられたら「よし、家に着くまでひと休みしよう」と思えるが、たいていは混んでいて立ちっぱなし。まさか「すみません、これから介護が待っているので席をゆずってもらえませんか」と頼むわけにもいかない。

I suggested, half-jokingly at the time, “It might be good if there was a charm you could wear that would inform others that you’re a caregiver” like the key chains given to pregnant women that encourages other passengers to give up their seats for them, but she nodded and said seriously, “You’re right.”
「疲れた。誰かにやさしくしてもらいたい。でも無理」と考えているだけでストレスはどんどん高まっていくのだろう。私は「『いま介護してます』という介護マークでもあればいいかもしれませんね」と半ば冗談のつもりで言ったのだが、彼女は真剣な表情で「本当に」とうなずいた。

There are many workplaces that do not give enough consideration to pregnant and child-raising employees, but the lack of consideration for caregivers is greater still.
妊娠や子育てにもまだ配慮の足りない職場は多いが、介護への理解不足はそれ以上。

Of course, more and more nursing care services have become available, but with the falling birth rate and fewer people getting married, it is thought that there will be more cases of people caring for their parents alone, just like this woman.
もちろん、介護保険でいろいろなサービスが使えるようになってはきたが、少子化や非婚化が進む中、この女性のように「ひとりで両親ふたりを介護」というケースも増えてくると思われる。

Some people, with no other option, leave their jobs to focus on care giving, but that is neither good for them nor society, and if they fall into “caregiver depression,” it will take a long time for them to recover.
やむをえず仕事をやめる「介護離職」に踏みきる人もいるが、社会にとっても本人にとっても望ましいことではない。「介護うつ」にまでなってしまうと、回復までに長い時間がかかる。

This is why I hope that someone will seriously think about creating some kind of symbol to identify caregivers so they can receive priority seating on public transport.
マタニティーマークならぬ介護マーク。誰か本気で考えてみてくれないだろうか。

(精神科医)
(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2015年07月14日 地方版

広告

srachai について

early retired civil engineer migrated from Tokyo to Thailand
カテゴリー: 英字新聞 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中