香山リカのココロの万華鏡 : ふつうってすばらしい /東京

May 8, 2016 (Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Normal is wonderful
香山リカのココロの万華鏡 : ふつうってすばらしい /東京

Among the people who come to see me at my office, sometimes there are those who complain that their daily lives are too uneventful and boring. Of course, they come for some other reason, like insomnia or irritation, but the cause of those symptoms seems to be in their “uneventful” lives.
診察室にやってくる人の中に、たまに「毎日が平凡すぎてつまらない」という人がいる。もちろん、「眠れない」「イライラする」といった問題があって受診するわけだが、どうもその原因が「あまりにありふれた日常」にあるようなのだ。

Once, a woman who was approaching her 50th birthday had this problem.
いつだったか、「今年50歳」という女性が診察室でこう語った。

She told me, “Both my children are adults, and my husband is hard-working, but our conversations lack a little in excitement. After five years he will retire, but he apparently has no plans for after that. When I think that maybe my life is going to end like this, I feel suffocated. Every day is just a repeat.”
「子どももふたりとも社会人になりました。夫はまじめですが、いまひとつ会話が弾まなくて。あと5年で定年なのですが、それからのプランもないようです。自分の人生、このまま終わっていくのかと思うと息がつまりそう。毎日が同じことの繰り返しです」

I suggested she find hobbies or volunteer, but she turned those down, sighing and saying there wasn’t anything in particular she wanted to do. To other people it would hardly look like the woman had something to complain about, but she was serious.
趣味やボランティアをやってみたら、と勧めたが、「とくにやりたいこともなくて」とため息をつくばかりであった。まわりから見るとややぜいたくな悩みなのだが、本人は真剣なのだ。

This “every day is the same” complaint, though, can easily disappear. People who were affected by the recent Kumamoto Earthquake are saying on social networking services how they wish they could return to “a normal life.” I have seen an online comment that said, “I’m not asking for something special. I just want to wake up in my house, go to work, come home, eat and sleep. While living at an evacuation shelter that kind of lifestyle seems like a dream.”
しかし、この「毎日が平凡すぎる」という悩みも、ちょっとしたことで消えてしまう。熊本地震で被災した方々が、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで口々に「ふつうの生活に戻りたい」と言っている。「特別なことを望んでいるのではない。ふつうに家で起きて、仕事に行って、帰ってきて食事をして寝る。避難所にいるとそんな生活が夢のように思える」といった発言をネットで目にしたこともある。

If the people writing things like that saw the complaint of the woman who came to see me, they would probably want to say to her, “What are you talking about? There is nothing as wonderful as regular everyday living.”
もし、その人たちが先ほどの「毎日が平凡すぎる」という悩みを聞いたら、「なんてことを言うの。ありふれた日常ほどすばらしいものはない」と言いたくなるだろう。

However, people are troubled creatures, and while in times of disaster they may think “I would be thankful for a regular everyday life,” once their situation settles back down, they quickly start wanting this and that again.
ただ、人間とはやっかいなもので、災害などのときには「ふつうがありがたい」と思っても、状況が安定すれば、またすぐに「あれがほしい、こうしたい」と欲深くなってしまう。

Of course, it can be said that it is because people strive so much that our society has come this far, but the problem is that we feel dissatisfied when our wants aren’t met. The woman who complained that everyday life was boring thought that a life full of change was more valuable than what she had. Dissatisfied with her life, she was stressed.
もちろん、人間に欲があるから私たちの社会はここまで発展したとも言えるのだが、問題なのはそれがかなわなければ不満を抱いてしまうことだ。「平凡はつまらない」と思った女性も、毎日が目まぐるしく変化する生活こそ価値があると思い、そうでない生活に不満を抱いてストレスから体調を崩したのだ。

I hope that, even if people desire more, they will be able to convince themselves that the regular life is wonderful and that there is satisfaction to be found there. This is obvious, but we are quick to forget it.
変化を求め、もっと豊かになりたいと願ったとしても、一方で「ふつうってすばらしい」「ありふれた日常の中に満足がある」と自分で納得し、それぞれがいまの生活を大切にしたい。これこそあまりに“あたりまえ”のことなのだが、私たちはすぐにそれを忘れてしまう。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
(精神科医)

広告

srachai について

early retired civil engineer migrated from Tokyo to Thailand
カテゴリー: 英字新聞 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中